大出の吊り橋

  • 2019.04.28 Sunday
  • 13:31

チェックインは15時だから、まだ時間が一杯ある

腹ごしらえしたし、行きたいところへ行ってしまおうと

やってきたのは大出の吊橋

 

駐車場の整理にはここでも超シニアのお爺さん達が担っていた

駐車場の脇にはお墓もあって

こ、ここを観光していいのかって思うほどだったよ

 

奥には公園みたいな広場があって

桜もまだまだ元気に咲いていて

こりゃカメラ持ってきて良かった

 

吊橋が想像していたよりもかなり大したことなかったので(笑

先に進んでみることにした

住宅の上には映画のセットかと思うような風景が広がる

 

気温が上がってお疲れ気味のお犬達は

温度を下げるために、都会な溝ドブのキレイな水を見つけてドボンっ

 

ジョも暑いから、迷わず水にドボンっ

 

オッサンを見るとポーズを決めてるから

仕方なく写真を撮ってあげることにした

 

何も言ってないけども、勝手にポーズをするあたり

ほんとに自分大好きなオッサンだ

 

あ・・・ジョくんもカメラ目線はお得意よね

ここはまだ春が来たばかりで

2日前は雪が降ったばかり

 

住宅が切れたところで、あまりにも風景がキレイだから

写真撮影

 

あっこさん一家の写真もとてもよく撮れました

 

「一人では嫌〜」って意味不明なオバサンMさん

ぺーちゃんを貸してもらって写真に写る

けど、このあと引きずられる

 

なんと先に進むとまた吊橋があった

さっきのよりも吊橋感がある感じ

押込橋

 

吊橋だから当然揺れるけども

想像している危険な吊橋ではなく、鉄製ワイヤーでぶら下がってる頑丈なやつ

 

あっこさんは揺れるのが嫌いだけども

なんとなく怖いながらも普通に歩ける人

 

一人うるさいオバサンM

 

吊橋の先は道が通行止めになっていたから引き返すことに

来た道の下にも道があるので、そっちを通る

 

このクネクネした川の感じ

ちゃんと写真を撮ったら良かったけども

婆も疲れたよ

見事な桜が反対岸にあって

ちょっと見惚れる

公園の方へ近づいてくると

小さい水場が・・・・

気が付いたお犬様は、またドボンっ

気持ち良さそうね

 

 

桜と川とお犬達

何も言ってないけども、手を振るあっこさん夫婦

それだけ気持ち良かったのね

 

かまってちゃんは、止まると大騒音の鼻鳴き

沢山経験してるけども、やっぱり性格もあるんだろうねぇ

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

お犬様との生活

お犬様は人間よりも寿命が短い 当たり前ですけども 人間よりも早く成長する 当たり前のことですけど 人間は1才くらいまで一人で歩けない 排泄も一人で出来ない 一人で食事も出来ない 3年経っても社会の仕組みを理解できない それが人間 お犬様は人間よりも遥かに頭脳明晰であることは 当たり前じゃないのかな? そう考えると愛おしくてしょうがない

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM