7月7日(日)1年

  • 2019.07.07 Sunday
  • 23:38

今日は七夕です

七と夕で「たなばた」です

だからなんだ?

 

オリさんを預かってから1年が経ってしまった!

飼いたい人は沢山いるけども、飼える人は実際に少ないという現実である

一度お試しに行って改めて思うんだ

「家族として」とお願いしても、家族そのものの価値観が違うじゃん

少なくても私は家族を外に放置したりしない

家族を玄関から先に入れてあげないなんてない

毛玉が一杯で放置もありえない

自分で風呂に一緒に入り、あーでもないこーでもないと爪切りしたりする

「犬だからいいんだよ」なんて自分に言い聞かせたりしないし

「犬だからこれでいい」なんて妥協もしない

だからといって、過保護でも無い

出来るのに出来ないなんていうことは出来るまで付き合うし

好き嫌いで食べられないものがあると、食べられるように工夫したりもする

自分がトイレの我慢をしたくないから、我慢させるなんてドキドキしちゃう

だから留守番が常時なんてありえない

気持ち良い風に吹かれての散歩はとくにイイ

でも人や動物が向かってくると迎え撃つには何かよくないことが刷り込まれてしまったと

何度も気長に付き合うよ

きっと誤解で頭の中が一杯なんだろうから、誤解が解けるまで楽しもう

いずれベッドに一緒に寝るんだから清潔にすることも学ぼう

色んなことに一緒にチャレンジできるようになる

それが婆の価値観の家族なんだ

 

そんなの当たり前!って思う人も沢山いるんだけども

犬にそんなこと出来るわけないよ!って思う人もいる

だからね、婆の価値観と同じ人に大切な命を託したいと願っている

7月7日織姫と彦星が逢う日だけども、オリさんと赤い糸で繋がっている

素敵な家族が早くオリさんを見つけて欲しいって短冊に願いを書く

 

夕飯後は就寝までの間、皆さんそれぞれにノンビリまったり過ごすオジサン達

でも、「そんなのカンケーねーえ!」のオリさん

ボケーっと伸びて寝ているモル爺さんにちょっかい出す

そーっと近づいて隣に寝る

顔面をバシバシ叩く

こんなことをしたらモル爺さん怒り狂ってエライこっちゃになっていたのに

オリには物凄く寛容

叩き起こされて、あっちこっちチマチマ咬まれ

それでもボーっと相手になってあげている

でも、お嬢さんはつまらない

過激じゃないから

行き倒れのように倒れて寝ている向けてダッシュ

踏みつけてチマチマ咬んで

叩き起こす

ジョはオリのケージに避難している

若いって凄いわよね

 

ヒロシくんちのドラが胃捻転を起こした

速攻病院に走っていったヒロシくん

緊急手術で無事生還した

1週間の入院

復活して戻ってこいよー!ドラ!

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

お犬様との生活

お犬様は人間よりも寿命が短い 当たり前ですけども 人間よりも早く成長する 当たり前のことですけど 人間は1才くらいまで一人で歩けない 排泄も一人で出来ない 一人で食事も出来ない 3年経っても社会の仕組みを理解できない それが人間 お犬様は人間よりも遥かに頭脳明晰であることは 当たり前じゃないのかな? そう考えると愛おしくてしょうがない

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM