10月6日(日)お散歩嬉しい

  • 2019.10.06 Sunday
  • 23:48

ここんとこ満足に散歩なんて行ってあげてなかったので

オッサンが帰ってきたときは皆さん大喜びです

モル爺さんは3番目の順番待ち

先月買ったY字ハーネスは着け心地抜群だそうで

着用していてもとくに気にすることもないね

良かった良かった

モル爺さんは人には優しいけども犬には厳しい

これは爺になってからさらに酷くなった気もする

そんなときに首をギューギューと絞めてしまうと

気管が悲鳴をあげてゲホゲホとなる

さすがに若いときは何でもなかったけども

老犬になってから”よせばいいのに〜”って歌いたくなるほどです

で、このハーネス

胸のところがY字だから優しい設計

黄色い布の部分はウレタンみたいな感じでフワフワ

婆のすぐ横で寝るのでベッドに寝ればいいのに

すぐ横にベッドが無いと乗らないのです

で、近づけてみたけども乗らない

ジョジョは4番目

最後の走者です(笑

オッサンが散歩にいくときは重装備です

引っ張り防止ハーネスにマズルガード

これは必須です

婆と散歩はのんびり行けるんだけども

なんでだか婆以外の人間との散歩は

どうしてもリードを持つ人が悲鳴をあげる始末

1番目にとにかくうるさいかまってちゃんを長めにいき

2番手、対人・犬に対してワッといくようになってしまったオリさんを

人や犬・バイクに車、人間が先に気が付くのに無視するなや!

一回止まってそれでも興奮していたら一緒に座ってやって行き過ぎるのを待て!と

指令を厳しくしていかせます

これが良かったらしく

「一緒に座って待てと言ったら、小さくワンっていうだけだった」と

オッサンも満足

お犬様は全部同じじゃないので

なんでもかんでも人間に都合の良いお犬を基準に考えがち

個々の習性を理解してあげて一緒に付き合ってあげていたら

なんも苦労することは無いのに

それにね

ちょいムカつくのは

婆がコツコツトレーニングしてて

一般的な服従はこなせるのに

全く役に立たせないのが腹が立つ

コントロール不能にすることが

 

コントロールされなくていいんだ

 

と覚えてしまうことになるということを

是非心に釘を打ってもらいたいのです

婆に言わせると

 

犬が悪いんじゃない、取扱説明通りに取り扱わない人間が悪い

 

ずっとでは無い

厳しいことをいいながら人間都合にコントロールしていくことは

この人間社会に生きていかねばならない上で必須なのです

そしてそれが習慣に変わるときが必ず来るので

そしたらフラフラ散歩していても全く困ることが無くなる

人間と犬の我慢比べみたいなもので、決して諦めてはいけない

婆の椅子にくっつけてベッドを置いておいたら(笑

ちゃんとベッドに乗っている

ほんとにこの爺さんも頑固です

ちょっとでもずれていると・・・@@

 

おーーーーーーい

尻が床にあるよ

 

ほんとに面白い爺さん

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

お犬様との生活

お犬様は人間よりも寿命が短い 当たり前ですけども 人間よりも早く成長する 当たり前のことですけど 人間は1才くらいまで一人で歩けない 排泄も一人で出来ない 一人で食事も出来ない 3年経っても社会の仕組みを理解できない それが人間 お犬様は人間よりも遥かに頭脳明晰であることは 当たり前じゃないのかな? そう考えると愛おしくてしょうがない

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM