10月14日(祝月)

  • 2019.10.14 Monday
  • 09:05

台風19号で被災した方々が沢山いて

一日も早く慣れた環境に戻れますようと祈っています

 

・・・が

やはり思うところもある

動物と一緒に暮らしている方々に向けて

毎年一回は防災キャンプを実施する婆ですが

その内容はとくに特別なことをするわけではなく

 

外で テントを広げて ご飯食べて 寝て テントしまって 帰る

 

ただコレだけなのですが

何が重要って

外で寝る テントを建てる・畳む 経験が必要なのです

そして外で寝る、ご飯を食べることに必要な物品を買っておく

若しくは工夫して作っておくことが必要になるわけで

それが災害に備えることになるかと思うのです

 

まして地震と違って

 

もうすぐ決ますよーーーーーー

 

って報道してるにも関わらず

何の準備もしてないとか

災害と言いながら人災のようにも思えます

 

準備する時間が沢山あったのに

準備すらしてなかったのはどういうことなんだ?って聞きたいです

 

被災した人たちに沢山インタビューしてますが

そのほとんどが

 

「こんな大変なことになるとは思ってなかった」

 

なのです

地震と違って災害が起こるって解っていながら

対策を怠ったことの言い訳

 

「命を守る行動をして下さい」

 

って、とても簡単に受け止めている人が多いことに

どれだけ平和ボケしてる民族なんだって改めて感じました

 

誰も助けてくれないと悲観してる方々

もう少し自分を責めてもいいのかなって思っちゃうくらい

そう感じました

 

また自分の住んでいる地域はどんな災害に弱いのか

ハザードマップを見れば簡単に解ることでもあるし

予期せぬ災害(地震とか竜巻とか陥没とか)に

備えておかなきゃいかんだろって思うんだ

 

せめて自分の寝床のテント・寝袋(防寒)・安全靴・灯り くらいは

揃えておいて欲しい

食料は支援物資が到着する3日〜4日

食べなくても生きられる

これも普段から自然食を取り入れた食事をすることで

周りにある食料に変わるものを自分で調達することが出来るかもしれない

火を起すことも、水を調達することも

なんでもかんでも他人任せで文句ばかりの悲観にくれることが無いように

普段から防災意識をもっと高めて欲しいと願う

 

なんだかTV見てると天災も他人のせいで怒ってる人が多くて

ほんとにびっくりしてる

 

無駄に税金が使われているようで……

 

ちなみに自分が大金をはたいて買った家が災害にあうかもしれないって

買うときに考えないのか?って思ったゴルフ場柱倒壊

鉄塔の近く、河川の近く、海や山など

普段は眺望がよいところに好んで住んでる人は

リスクがあるってことをよくよく考えて欲しい

そんなところに好んで住んでいる人に税金を使ってほしくない

 

この日本はちょっとでも被害者になると

王様のように偉そうになるのがお得意

他人のマイナス点は鬼の首とった如く

でも自分にふりかかると逃げ回る

そんな可哀想な人達の集まりだとは

思うたくないんだけどね

 

なにはともあれ

普段からせめて1年に一回は家族で防災キャンプしてみて下さい

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

お犬様との生活

お犬様は人間よりも寿命が短い 当たり前ですけども 人間よりも早く成長する 当たり前のことですけど 人間は1才くらいまで一人で歩けない 排泄も一人で出来ない 一人で食事も出来ない 3年経っても社会の仕組みを理解できない それが人間 お犬様は人間よりも遥かに頭脳明晰であることは 当たり前じゃないのかな? そう考えると愛おしくてしょうがない

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM