10月18日(金)ドッグフード

  • 2019.10.18 Friday
  • 23:59

今日はドッグフードの支援を申し出てくれたペット用具屋さんにフードを引き取りにいきました

本当は土曜日にMさんが引っ越しで使っている軽トラを貸してくれるということだったので

一日早めたのです。明日の土曜日は大雨だってTVでいってたから

何事も突然決まる悪い癖の婆

”流れ”というものを常に見ている

うまく繋がらないとき、気が流れないときは

それは”やめておけ”ということだから

解っていながら無理することもあった若気の至りの経験があってこそ

んで、この急に決まることでうまく流れないと止めるのだ

朝一番、娘2が今日は午前中にいるという

あっこさんが起きてきて「車出せる?」ということに承諾

フード屋の開店は10時。自宅から30分ほど

ここまでうまく流れた

フード屋のオーナーに電話をかける→出ない

取りあえず向かってしまおうと出発

フード屋につく、電話する→出ない

閉まっているシャッターを見ると

 

開店10時半

 

すぐに後ろに停車してるあっこさんにLINE

 

「コーヒー飲みに行く?」

「賛成!」

 

車で3〜4分の珈琲館へ

(まだ上手く流れているな)

なんとなく家が近いMさんにLINE

↑この写真をつけて

モーニングを食べている

コーヒーだけのつもりが

コーヒー1杯の値段とモーニングの値段が一緒だったから

 

「今から行く」

 

とMさん合流

もう30分

「んじゃ、バイバイ」というと

 

「えー!あと5分待ってよ!」とMさん

なんて冷たい、そして何のために来たんだ

そこへフード屋から電話

「今から行くね」とMさんも積み込み手伝うように促し

3台で向かう

 

で…3台で行った(行くようにした)意味を理解

2台に積み込めなかった

Mさんの車にも積んで

これでMさんを呼んだ意味を知る(なるほど気の流れ

そのまま愛護センターへフードを置きに行く

職員に手伝ってもらい

例の頭おかしい職員も出てきたけど

軽く挨拶して出来るだけスルーする

動物的勘で”あっち行け”的なことを理解してると察知しただろう

Mさんの車を一番早く下して、Mさんに予定していた来客が家の前に来てると

さっさと帰らせた(なるほどMさんの役割が決まっていたのね)

エブリーワゴンに23箱残して帰宅

ギリギリ娘2の仕事に間に合った

そしてこれを、お犬様の夕飯を食べさせ娘1が帰宅したのを見計らって

都内のデンを預かってもらっているご家庭にお届け

高速使って約1時間で到着

ちなみにMさんに夕方LINE

「東京ドライブ行く?」

「行く!」

婆がお犬飯と人間飯を作っているときにやってきた

 

一日早く行動したお陰で

一日で全部終わった

 

流れに身を任せる

そういう一日だったと思いふける

お疲れ様

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

お犬様との生活

お犬様は人間よりも寿命が短い 当たり前ですけども 人間よりも早く成長する 当たり前のことですけど 人間は1才くらいまで一人で歩けない 排泄も一人で出来ない 一人で食事も出来ない 3年経っても社会の仕組みを理解できない それが人間 お犬様は人間よりも遥かに頭脳明晰であることは 当たり前じゃないのかな? そう考えると愛おしくてしょうがない

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM